ミルクフランスパンの作り方 簡単手作りパンのレシピ掲載中!

簡単手作りパン「ミルクフランスパン」レシピ

簡単手作りパン「ミルクフランスパン」レシピ お茶と一緒に甘いパン。幸せなヒトトキ☆成形によって長いのや短いのと表情色々。

このレシピでは短いバージョンのものを紹介しておりますが、基本的には 同じ作り方です。伸ばす時に長くしたか短くしたかという違いだけです。

焼き上がりに曲がってしまったり、変な形に仕上がっても、クリームを入れて フィルムを巻くと、それなりに可愛らしく仕上がります♪

簡単手作りパン「ミルクフランス」レシピ 6個分

平板2枚、ミルクフランス 6個分
■材料
【パン生地】
強力粉…150g
薄力粉…100g
砂糖…10g
バター…10g
ドライイースト…4g
塩…4g
牛乳…150〜160ml(40度位に温めておきます。
冬場は夏場よりもやや熱めで)

【ミルククリーム】
バター…60g
コンデンスミルク…30g
砂糖…10g

【その他】
パンを巻くフィルム
パン生地にかける霧吹き
(どちらも無くてもOK)


簡単手作り ミルクフランスパン

【作り方】
【パン生地】をボールに入れてこね始めます。
ボールの中で生地がまとまってきたら塩を加え、台の上へ移しさらにこねます。
大まかな流れはこちらと同じです。
一次発酵後、生地を6等分し丸く成形後10分程度生地を休ませます。 手のひらで生地を軽く潰したあと、めん棒で伸ばします(15p〜20p。長くする場合は25p〜30p近く伸ばします)。 両端を折り込み
さらにその両外側をつまんで、生地を閉じていきます。両手のひらで生地を軽くコロコロしとじ目を なじませ、 とじ目を下にして平板の上へのせていきます。 ナイフ、またはカミソリで生地に切り目を入れ、2次発酵させます(長い成形の場合は入れていません)。 オーブンを180℃に予熱します。
焼く直前に霧吹きで生地を濡らします。 180℃に温めたオーブンで15〜20分焼きます。生地に焼き色がついたら完成です。 焼き上がったら冷ましておきます。 30p近くのばせば、細長いミルクフランスバージョンの出来上がり。
焼き上がりに曲がってしまったり、変な形に仕上がっても クリームを入れてフィルムを巻くと、それなりに可愛らしく 仕上がります♪
長いものは、切り目を入れていません。 【ポイント】長いのも短いのも2次発酵前と後に、めん棒で生地をまっすぐに揃えるようにしています。
【ミルククリーム作り】
すぐに作れるので、パンを焼きあがったあとでも大丈夫。パンが十分に冷めたあとにパンに切り目を
入れてそこへ注入していきます。ビニール袋を使わず、皿にのせてバターナイフでパンにつける方法も。
バターを500W20秒か常温に置いておき、柔らかくします。泡立て器でクリーム状にします。 砂糖を加えさらに混ぜ、コンデンスミルクを加えてさらに混ぜます。 ゴムヘラまたはスパチュラでまとめ
ビニール袋に入れて、冷蔵庫で少し冷やします。あまり冷やし過ぎると注入しにくくなるので様子をみながら。 十分に冷めたパンの上部に切り目を入れ、ミルククリームが入ったビニールの先端を少し切って、パンにクリームを入れていきます。フィルム紙を巻いて完成。 長いバージョン。
コンデンスミルク


◆注意、ポイント、その他
このレシピでは短いバージョンのものを紹介しておりますが、基本的には
同じ作り方です。伸ばす時に長くしたか短くしたかという違いだけです。


焼き上がりに曲がってしまったり、変な形に仕上がっても、クリームを入れて
フィルムを巻くと、それなりに可愛らしく仕上がります♪

パン生地が十分に冷めた後にナイフ等で切り目を入れ、ミルククリームを入れていきます。
パン生地が冷めないで切ると切りづらく、キレイに切れないかもしれません。

平板の上にアルミホイルを敷いて少し粉を振って生地をのせていますが、焼き上がった後に
生地が取りにくいかもしれません。クッキングシートを使うと大丈夫です。

家庭のオーブンによってこのレシピより焼き時間が少なくて良いもの、多い方が
良いものなど、機種によってさまざまです。
ご家庭のオーブンのくせを知っておくとよいです。(何度か焼いているうちにくせと
いうかコツは掴めてくると思います。)

ミルククリームを入れるビニール袋は、ホイップクリームを入れるものが良いのですが、なるべく
家にあるものということで、私はジップロックを使用しています。

切り口は最初小さくして様子をみながら少しずつ広げた方が良いです。ビニール袋を使わずに
バターナイフで入れても。

巻くフィルムはお菓子作りコーナーにあると思いますが、私はこの時コジマ電器にてたまたま
見かけて購入。

簡単手作りパンレシピ一覧

■手作り簡単パンと自家製天然酵母パントップページ
■手作りパンとカレーは一緒!?
■手作りパン発酵の豆知識
■ドライイーストの予備発酵
■手作りパンに使用する道具
■手作りパンの材料
■手作りパンレシピ
■ハムチーズとアーモンドシュガーパン
■あらびきロールと黄桃ベイクトチーズパン
■甘納豆パン(inマフィン型)
■黒ゴマロールパン
■スイートポテトパン
■ぷち・ココアブレッド
■サクサクカレーパン
■薄皮メロンパン
■簡単クリームパン
■簡単ベーコンマヨネーズパン
■簡単メロンパン
■ぶどうバナナパン
■フランスパン*くるみ入り*
■くるみとチーズのパン
■ほうれん草ベーコンチーズパン
■ちょっとリッチあんぱん
■赤ワイン煮りんごパン
■うず巻きロールパン
■黒糖ハートパン
■ばなちょこくるみパン
■揚げパンきなこ
■プリンパン
■コーヒークリームチーズパン
■黒ごまベーコンチーズパン
■ミニパネトーネ
■ちび丸パンソースかけ
■朝焼き クロワッサン
■マヨネーズコーンパン
■さくらのぱん しあわせのパン
■花の形のパン
■ダッチブレッド
■シナモンロール
■デニッシュペストリー
■チーズインちくわパン
■ライ麦パンドライフルーツ入り
■ハムロールパン
■ブリオッシュ
■ブリオッシュサバラン
■ツナマヨ丸パン
■油で揚げないチョコドーナツ
■ジャガイモのパン
■ほくほくじゃがいもチーズのパン
■オニオンブレッド
■チョコチップロール
■トマトとカマンベールのパン
■あらびきウインナーとじゃがいものパン
■ネギチャーシューパン
■くるみとレーズンのパン
■枝豆サラミチーズパン
■ミルクパン
■ミックスフルーツとくるみのベーグル
■マッシュポテトとベーコンマヨ
■ホットドッグパン
■ちくわのせパン
■玉ねぎチーズのおつまみパン
■チョコチップブール
■昔ながらのコッペパン
■ベーコン・エピ
■ゴマソーセージパン
■さつまいものパン
■フォカッチャ
■ミルクフランス
■シュガートップパン
■オニオンチーズパン
■ミニコルネ(コロネ)型
■チョコクリーム(コロネ)
■ミックスベジとクリームチーズの平たいパン
■ベーコン入りフランスパン風
■粗びきウインナーとチーズのパン
■クリームチーズとブルーベリーのパン
■おつまみフォカッチャ
■ゴボウサラダパン


■チョコマフィン
■サクサククッキー
■シンプルケークサレ
■簡単チョコレートブラウニー
■フルーツタルト(フルーツパイ)
■チョコマフィン
■簡単ポン・デ・ケージョ
■昔ながらの黒糖蒸しパン
■ショートブレッド
■[白神こだま酵母]チョコチップパン&チーズパン
■[白神こだま酵母]紅茶食パン
■自家製天然酵母の作り方
■自家製天然酵母[中種法]
■自家製天然酵母で作るパン[中種法]
■自家製天然酵母くるみとミックスベリーのパン[中種法]
■自家製天然酵母で作るパン[中種不使用]
■自家製天然酵母とまとパン[中種不使用]
■自家製天然酵母あんぱん(酒粕編)[中種不使用]
■いちごジャムといちご酒